最終更新日:2017/12/11

青汁の特徴 

青汁を支える3本の柱

 

3本柱マンのイラスト

  1. 栄養が豊富
  2. 抗炎症作用がある
  3. 食物繊維が豊富

 

「青汁は健康にいい!」という言葉は聞きますが、「具体的には何にいいの?」といわれると、明確に答えられる方は少ないのではないでしょうか。ここでは青汁を支える「大事な3つの特徴」について、順々にご紹介したいと思います。 

 

 栄養が豊富

 

「普段不足している栄養素を簡単に補うことが出来る」

青汁,特徴

〈青汁の主な原料〉

  • ケール
  • 大麦若葉
  • 明日葉

というものがあります。程度の差はありますが3者とも豊富な栄養素を含んでいます。

 

青汁の原料に共通する主な栄養素18種類
  • タンパク質
  • 脂質
  • 糖分
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • ベータカロチン
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • SOD酵素
  • クロロフィル
  • グルコシルイソビテキン

 

などが豊富に含まれています。特にベータカロチン、カリウム、ビタミンC、カルシウム、食物繊維が豊富に含まれています。これら栄養素はしっかりバランスを考えながら食事をしていたら不足することはありませんが、全ての栄養素を万遍なく摂取することは実質不可能に近いことです。

 

その不可能に近いことを簡単に可能にする方法が、「青汁を飲む」ということです。

 

青汁と野菜の栄養素比較表

〈例〉青汁と野菜の栄養素の比較 ※100g中

 

 抗炎症作用がある

 

「各種アレルギーや慢性病、痛みなどの原因を消し去る」

 

【抗炎症作用】

  • SOD酵素
  • クロロフィル

という抗酸化物質が元になっている。主に緑色の植物に豊富に含まれています。「炎症=風邪の時の喉の炎症」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実はそれだけではありません。

  • 食事
  • ストレス
  • たばこ
  • アルコール

といった日々の生活で当たり前にしていることでも、様々な場所に軽微な炎症が引き起こされています。

 

火を消すイラスト

炎症というのは慢性化してしまうと、各種アレルギーや慢性病、痛みなどの原因となってしまいます。

 

なので、日々「抗炎症作用」のある緑の野菜などを摂取して、引き起こされている炎症を速やかに改善しなければならないのです。

 

 食物繊維が豊富

 

「腸をいつまでも元気に保てる」

 

青汁には豊富な食物繊維が含まれています。

 

〈食物繊維の特徴〉

  • 口から入ると大半は消化されずに便として排出される

 

腸内をお掃除するイラスト

食物繊維が豊富だと腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:波のような動き)を効率よく鍛えることが出来ます。

 

腸を鍛える方法はただひとつ
⇒食べ物によって鍛える方法以外ありません。
⇒その食べ物として一番いいのが食物繊維です。

 

腸の筋肉も腕などの筋肉と同じで、使わないと次第に衰えていきます。なので、毎日継続的に豊富な食物繊維を摂り続けることが、腸をいつまでも元気に保っていく秘訣なのです。

 

以上、青汁の特徴になります。

 

主軸となるのは「栄養、抗酸化物質、食物繊維」による作用になります。かなり有効な成分を豊富に含んでいるので、青汁は確実に健康維持のために役立ちます。