最終更新日:2017/12/11

青汁には風邪予防効果がある!?

青汁の風邪予防効果

 

「青汁には免疫力を高める効能があります」

せきが出て寒気がしてる女性のイラスト

 

毎年多くの方がかかる疾患として風邪症候群があります。
今のところ、この風邪を完全にシャットアウトすることは出来ません。

 

風邪をシャットアウトできない理由

「風邪ウイルスは特定することができないから」

 

しかし、どんな風邪にも効果がある方法があります。
それが「免疫力を高める」という方法です。

 

なぜ青汁に風邪予防効果があるのか?

「青汁には腸内環境改善効果があるから」

 

青汁,風邪,予防,効果 腸内環境を綺麗にしておく=風邪ウイルスを攻撃する免疫をたくさん作れる

 

腸内にはリンパ球と呼ばれる、風邪ウイルスを攻撃する免疫が多数作られています。
この生成能力も腸内環境に左右される為に、腸内環境を綺麗にしておくということは輪をかけて重要なこととなります。

 

腸内をお掃除しているイラスト

青汁には豊富な食物繊維が含まれていて、その食物繊維が腸内の
蠕動運動(ぜんどううんどう:ミミズのような動き)を促進させ、
いつも腸内を正常な状態に保つのに役立っています。

 

 

蠕動運動が促進されるとなぜ腸内が正常な状態に保たれるのか?

「綺麗さっぱり残滓を排出できるから」

 

腸内には飲食物の残滓(ざんさい:かすのこと)などが停滞しやすく、
それらが停滞すると体にとって

  • 不必要な毒性物質が増える
  • 有用なビタミンなどの生成を阻害する

といった、体にとって悪い状態が出来上がります。
蠕動運動が活発になれば綺麗さっぱりと、この残滓を排出できるというわけです。

 

青汁に豊富に含まれているビタミンCとビタミンKの作用

  • ビタミンC=主に粘膜などの強化作用
  • ビタミンK=炎症を緩和させる働きの強化

青汁には極めて豊富にビタミンCとビタミンKが含まれています。

 

ビタミンCのイラスト

ビタミンCは風邪予防に対して効果的というのはよく知られていて、
主に粘膜などの強化作用が風邪予防・改善に役立っていると考えられます。

 

ビタミンKのイラスト

ビタミンKは止血ビタミンと呼ばれ、ビタミンCと同じく粘膜の働きを正常に保つ効果と共に、風邪による各所の炎症を緩和させる働きを強化するという効果があります。

 

以上、2つのビタミンを豊富に含む青汁は、風邪の予防・症状改善に効果を発揮します。

 

青汁には豊富なビタミンがバランスよく含まれている

「体の免疫強化につながり風邪予防に絶大な効果を発揮する」

 

青汁には上記にあげたビタミンCとK以外にも、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEなどほとんどのビタミンがバランスよく含まれています。

 

健康な人がウィルスをやっつけてるイラスト

これらビタミンは体の免疫を強化するのはもちろん、各種粘膜や神経、細胞などあらゆる体の健康を保つのに有効です。

 

このように、青汁にはバランスよく豊富なビタミンが含まれている為に、風邪予防に効果を発揮出来るのです。

 

以上、青汁の風邪予防効果になります。

 

何となく漠然と青汁を飲んでいる方が多いと思いますが、思い起こしてみると「そういえば風邪をひかなくなったかも」という方が多いのでは?私のお客様でもそのような方が数多くいらっしゃいます。

 

青汁はこのような素晴らしい効果を発揮するものの、その時だけ飲めばいいというものではありません。長期に渡って服用して徐々に体を改善させることによって、初めてその恩恵を受けることが出来るのです。