最終更新日:2017/12/11

免疫力を高めるために青汁を飲むべし

青汁でお手軽に免疫力を高める効果が得られる

 

青汁,効果,効能

風邪や胃腸炎などの病気にすぐになってしまう、年を取ってからガンになるのが心配、疲れがたまると肌荒れやニキビ、ヘルペスなどがすぐにできてしまうなどの、人それぞれの理由があって、免疫力を高めたいという気持ちを多くの人が持っています。

 

そんな願いをお手軽にかなえてくれるのが青汁なんです。なぜなら、青汁には免疫力を高めるといえる2つの理由があるからです。

 

 

免疫力を高めるために青汁を飲むべき2つの理由

 

青汁には食物繊維が含まれているから。

 

腸内に多くの免疫細胞が存在するので、腸内環境を整えることが大切です。それで、食物繊維の多く含まれる青汁は効果的です。食物繊維は、腸内の善玉菌の食事になります。悪玉菌の量が増えるのを抑制し、腸内環境を整え、免疫力を高めます。

 

また、便秘改善などの快適なトイレ習慣の確立にも役立ちます。体内の有害物質が便秘の形で、長い間体内に留まることなく、定期的に排出されるので、病気になりにくい体づくりに役立ちます。

 

青汁には抗酸化物質が含まれているから。

 

活性酸素が体内に増えると、免疫力の低下を招きます。それで、その活性酸素を減らすことが、免疫力を高める鍵になります。抗酸化物質は、その活性酸素を減らす働きがあり、青汁にはそれがたくさん含まれているので効果があります。

 

代表的な青汁に含まれる抗酸化物質は、緑黄色野菜や柑橘類に含まれているビタミンA,C,Eなどです。緑茶のカテキン、赤ワインのポリフェノールなども抗酸化物質であり、これらがブレンドされている青汁もあります。

免疫力を高めるにはどうすればいいのか?

 

そもそも免疫力とは?

体内に侵入してくる細菌やウイルスなどから人体を保護するのが免疫力です。呼吸や食事など普段の生活で、細菌やウイルスなどの外敵はいとも簡単に人体に侵入してきますが、それから体を守ってくれているのが、この免疫力です。

 

この免疫力が低下すれば、病気になりやすく、免疫力が高い状態を維持できれば、健康的に生活できるというわけです。

 

免疫力の解説

免疫力についてもう少し詳しく知っておきましょう。体内の免疫力を支えているのは、免疫細胞です。免疫細胞とは、簡単に言うと血液中の白血球のことです。名前がよく知られている免疫細胞には、マクロファージやNK(ナチュラルキラー)細胞などがあります。

 

免疫細胞には、ウイルスや細菌という外敵の侵入を感知し、侵入情報を伝達し、攻撃するという役割があり、それにより人体を感染から保護しています。人体の免疫細胞の60〜70%は、実は腸内に存在します。先ほど述べたように、食事や呼吸によって口から細菌やウイルスなどは、侵入してきます。

 

口、食道、胃、腸という体内トンネルを通って、ウイルスなどの外敵は体内に侵入してくるわけです。それも時々ではなく、毎日です。ですから、腸内にはそれだけたくさんの免疫細胞が必要であり存在しているというわけです。

 

このように調べてみると、腸内に免疫細胞がたくさんあるわけですから、腸内環境を良い状態に保っていれば、おのずと免疫力も高い状態を維持できるということに気づきます。腸内環境を整えるとなると、食物繊維の多く含まれる青汁は効果抜群ということです。

 

活性酸素を減らすことも免疫力を高める一つの方法

 

老化や病気の原因の一つと言われているのが、体をいわゆる「サビさせる」活性酸素です。これが体内にたくさんあると免疫細胞の仕事が増えすぎて、処理できなくなる状態に陥ります。

 

しかし、抗酸化作用のある抗酸化物質を取り入れると、この活性酸素を減らすことができ、免疫力の低下を防ぐことができます。抗酸化物質も青汁にはたくさん含まれているので、この面からも青汁は免疫力を高める効果があります。

免疫力の維持のために青汁を飲むことが大切

青汁,効果,効能

年齢とともにどうしても免疫力は低下していくものです。それに加えて、不規則な生活による寝不足、食生活の乱れ、仕事や人間関係からのストレスなども影響し、免疫力はさらに低下することになります。

 

それで、毎日青汁を飲んで、免疫力の低下を防ぐことは大切です。そうすれば大人ニキビなどの肌トラブルを防いだり、風邪をひいて仕事を長く休んだりすることも避けられます。

 

子供の免疫力を高めるためにも青汁

 

発育途上の子供は、大人に比べて免疫力が低いので、すぐに熱を出したり、風邪をひいたりすることがあります。そんな子供の免疫力を高めるためにも、青汁は役に立ちます。昔の青汁は「体にいいけど、まずい」というイメージがありましたが、最近では苦みのない飲みやすい青汁がたくさんあります。

 

子供用に開発されたフルーツテイストの青汁もあります。子供の発育を考えて、青汁を牛乳で割って飲むという方法がおすすめです。免疫力を高める効果と、牛乳のカルシウムで丈夫な体を作るというダブルの効果を狙えます。

 

免疫力を高めたいならぜひ青汁を


青汁の中に含まれる食物繊維、抗酸化物質が免疫力を高める働きがあります。+食物繊維が腸内環境を整え、腸内に多く含まれる免疫細胞が働きやすい環境になります。

 

活性酸素が増えれば、免疫力は低下します。しかし抗酸化物質は、活性酸素を減らし、免疫力の低下を防ぎます。大人も、子供も免疫力を高め、病気になりにくい体を作り上げたり、維持したりするために毎日青汁を飲むことを習慣にできるでしょう。