最終更新日:2017/12/11

青汁の栄養には、薄毛・抜け毛の予防や改善の効果あり!?

青汁の食物繊維・ビタミンが薄毛・抜け毛予防のカギ

 

青汁の食物繊維、ビタミン、βカロテンなどの栄養素が薄毛・抜け毛の予防・改善に役立ちます。髪の悩みがあるなら、育毛剤や育毛シャンプーだけで対応するよりも、体内に栄養を摂り入れることで体質改善をする方が薄毛・抜け毛の改善には効果的だったりします。

 

青汁が薄毛・抜け毛予防や改善に役立つと言える5つの理由と育毛におすすめの青汁。薄毛対策におすすめの青汁の飲み方をご紹介いたします。

 

薄毛・抜け毛を意識した青汁のおすすめの飲み方

 

育毛を意識した青汁の飲み方としておすすめなのが、青汁を豆乳で割って飲むという方法です。豆乳には大豆イソフラボンが含まれていて、この成分は、女性ホルモンと同じような働きをします。

 

その働きにより、男性ホルモンの働きを抑え、AGA(男性型脱毛症)の原因となる男性ホルモンの過剰な分泌を抑制する効果を期待できます。女性ホルモンのエストロゲンは、女性らしい美しさや体型を形作る作用があります。

 

ですから妊娠後にエストロゲンが一時的に減少すると、抜け毛が増えるという症状がでることがあります。思春期をピークにこのエストロゲンは減少していきますから、女性もイソフラボンを摂取することで、美肌効や薄毛・抜け毛予防の効果を期待することができます。

 

最近の研究では、カプサイシンとイソフラボンの同時摂取でさらに、育毛効果を期待できることが発表されています。

 

イソフラボンが入ったおすすめの青汁

 

青大豆と乳酸菌のすっきり青汁

青大豆と乳酸菌のすっきり青汁

ケールや大麦若葉などに加えて、イソフラボンがたっぷり含まれた青大豆が含まれた青汁です。1包3.5gあたりに230億個の乳酸菌と、13億個のビフィズス菌も取り入れられ、しかも無添加だから安心です。HP上に原料の産地、放射能検査も確認できます。

価格(税込) 内容量

通常4,104円
定期3,693円

30包

購入はこちら

薄毛・抜け毛の予防や改善におすすめのケールの青汁

 

青汁の食物繊維、ビタミンC、βカロテン、セロトニンが薄毛・抜け毛の改善になるということが分かりましたが、これらの理由を考えるとおすすめの青汁はケールを原材料にした青汁ということになります。

 

なぜなら、ケールにはこれらの育毛に関連する栄養素が豊富に含まれているからです。例えば、ビタミンCの含有量は、100g当たり81mgです。レモンよりわずかだけ少ないぐらいのビタミンCがケールには含まれています。

 

ケールとその他の野菜のビタミンCの含有量の比較(100g当たりの含有量)

ケール

81mg

レモン

100mg

ゴーヤ

76mg

 

メラトニンに関しても、食品の中ではケールが、他の食品に比べるとダントツの含有量です。ケールのメラトニンの含有量はお米の43倍もあります。

 

ケールとその他の食品のメラトニンの含有量の比較(100g当たりの含有量)

ケール

4,300ng(ナノグラム)

100ng

かいわれ大根

86ng

ショウガ

58ng

 

薄毛・抜け毛予防に役立つ栄養素がたくさん含まれていることを考えるとケールを原材料に含む青汁がおすすめです。

 

関連記事:ケールの効果・効能

 

青汁が薄毛・抜け毛予防や改善に役立つ5つの理由

 

青汁の食物繊維が血行を促進する

 

食物繊維は余分な脂質やコレステロールを吸収し、血液の流れが悪くなるのを防いでくれます。 また、腸内で食物繊維は排便につながる蠕動運動を行うよう働きかけます。これにより体の熱量が上がり血行も良くります。

 

血行を促進させるなら、新しい毛を作ったり、髪の毛の成長を促進させたりするために必要な栄養素や酸素が運ばれやすくなります。ですから血行を促進させる食物繊維を含む青汁には薄毛・抜け毛の予防・改善の効果があるんですね。

 

青汁のビタミンCが育毛に役立つ

 

青汁のビタミンCは、髪の主成分であるケラチンを作り出すのに必要な亜鉛の吸収率を上げる効果があるので育毛に役立ちます。 亜鉛はタンパク質を体内でケラチンに再構成させるときに必要な物質です。

 

亜鉛の摂取も薄毛・抜け毛予防には大切ですが、その亜鉛との相性が抜群のビタミンCを含む青汁を飲むことで効果をさらに期待できます。

 

青汁のβカロテンは頭皮の環境を整えるのに役立つ

 

青汁に含まれるβカロテンは体内に摂り入れられるとビタミンAに変換されます。 このビタミンAは、皮脂腺や汗腺に影響し、余分や皮脂や老廃物を排出するのを助けてくれます。

 

この作用により頭皮や毛穴が清潔な状態になり、薄毛・抜け毛の予防や改善につながります。しかし、ビタミンAの過剰摂取は、頭皮を固くし、髪に栄養が届きにくくなり、抜け毛の原因にもなるといわれています。

 

とはいえ、青汁を飲んでβカロテンとして体内に摂取されたものは、体に必要な分だけビタミンAに変換されますから、青汁でビタミンAを摂取するという方法は、定期的に適量を摂り入れるという視点でも効果があり、安心できるわけです。

 

青汁のビタミンBは髪の毛の成長に役立つ

 

青汁に含まれるビタミンB2、B6は髪の毛の成長に必要な栄養素です。髪の毛の成長に関係する毛母細胞の分裂も活発化させるという働きがあります。

 

ビタミンB2を豊富に含む青汁にはゴーヤ、明日葉を原材料したものが含まれます。ビタミンB6を豊富に含む青汁には大麦若葉や明日葉を原材料にしたものが含まれます。

 

青汁のメラトニンは髪の成長に必要な快眠を助けになる

 

髪の毛は寝ている間に成長します。逆に寝不足などが続くと頭皮に余分な皮脂や老廃物が溜まり薄毛や抜け毛の原因になります。ですから、快眠は髪の毛の成長、薄毛・抜け毛の予防や改善に役立ちます。

 

その快眠を助けてくれるのがメラトニンという成分です。ケールを原材料にする青汁にはこのメラトニンが含まれています。

 

青汁習慣で薄毛・抜け毛を予防、改善しましょう

 

育毛剤や、育毛シャンプー、AGA治療薬などで、薄毛、抜け毛を改善するという方法がありますが、青汁を定期的に飲むことで、体内や頭皮の状態を良くし、髪にさらに栄養が届きやすい状態にすれば、その効果を高めることができます。

 

栄養バランスの摂れた食事や快適な睡眠も育毛には欠かすことのできない要素です。青汁の習慣があれば、簡単に栄養補給をすることができますし、ケールを原材料にした青汁を飲めば、快眠にもつながります。青汁で健康的で艶やかなフサフサの髪の毛を手に入れましょう。