最終更新日:2017/12/11

青汁で腸内環境を整えて蕁麻疹を予防する

青汁の食物繊維で腸内の環境を整えて、蕁麻疹を予防する

蕁麻疹は青汁で腸内環境改善

食べ物や薬によるアレルギーで蕁麻疹が出る場合があります。このアレルギー性の蕁麻疹は、腸内の免疫システムの働きが鈍っているときに出やすくなる傾向があります。

 

アレルギー性蕁麻疹の予防・改善のためには、原因となる食べ物や薬を避けることが必要ですが、それとともに、腸内の環境を良くして免疫システムを活発化させておくことで予防・改善することができます。

 

こちらでは、腸内の環境を整え、アレルギー性蕁麻疹を避けるのに役立つ青汁、さらにストレスが原因の蕁麻疹を予防するために役立つ青汁を紹介します。

 

腸内の環境悪化による蕁麻疹を避けるために青汁

 

青汁の代表的な栄養といえば食物繊維です。この食物繊維は腸内の環境を整え、アレルギー性の蕁麻疹を予防する2つの理由があります。

 

善玉菌のエサになる

 

食物繊維は2種類あります。水溶性食物繊維と不水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維は、水に溶けやすいという性質があるので、腸内細菌にとって分解しやすくエサにしやすい物質です。

 

腸内の細菌は水溶性食物繊維をエサにし、酢酸や乳酸を作り、腸内を酸性にします。腸内が酸性になれば善玉菌にとって住みやすい快適な環境ができる、つまり腸内環境が整い、免疫システムがよい状態に保たれます。

 

悪玉菌を増やさない

 

食物繊維は悪玉菌の増加を防ぐ効果もあります。食物繊維の別の種類は、不水溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収し膨らみます。その働きで腸を刺激し、便通を促すという働きがあります。

 

さらに、この食物繊維は、悪玉菌のエサになる食べカスや有害物質を吸着して、便と一緒に体外に排泄するのを助けます。これにより悪玉菌が腸内で増えるのを抑えます。

 

乳酸菌も腸内環境を整えるのに役立つ

 

アレルギー性蕁麻疹の予防と関連のある腸内環境、腸内の免疫システムでしたが、食物繊維だけでなく、乳酸菌も腸内の環境を整え、アレルギー性蕁麻疹を予防する助けになります。 青汁の商品の中にも、この乳酸菌が配合された商品が販売されています。そうした商品を選択できます。

 

アレルギー性蕁麻疹におすすめの青汁

青汁と乳酸菌

青汁と乳酸菌

商品名が「青汁」と「乳酸菌」という分かりやすいネーミングです。大麦若葉、クマザサ、明日葉、桑の葉という青汁の原材料として代表的なものがブレンドされていますから、食物繊維をしっかり補充できます。

 

乳酸菌に関しては、5つの特許を受けた乳酸菌がこの青汁には含まれています。 この青汁を定期的に飲めば、腸内の環境が整い、アレルギー性蕁麻疹の予防だけでなく、便秘解消や肥満解消の効果を期待することができます。

通常

定期

内容量

4,298円

送料500円

初月980円

(2回目3,500円)

90g

3g×30包

※税込価格※4回の受取が必要

 

レビューはこちら公式サイトはこちら

 

ストレス性蕁麻疹のために青汁

蕁麻疹の原因として挙げられる別のものは、ストレスです。ストレスを軽減するために、睡眠、適度な運動は必要です。それとともに、毎日の青汁習慣でストレスを減らす助けをさらに得ることができます。

 

ストレス軽減に関わる物質トリプトファン

 

一部の青汁の商品の中にも入っているトリプトファンは、ストレスを軽くするのに効果的な物質です。トリプトファンは、セロトニン(別名「幸せホルモン」)の材料になります。セロトニンが活発に分泌されると、ストレスも軽くなります。

 

「睡眠ホルモン」とも呼ばれる別の物質メラトニンは、セロトニンが材料です。睡眠の質が向上すれば、ストレスも減ります。

 

関連記事:ストレスによる疲労におすすめの青汁

 

トリプトファンとセットなのがビタミンB6

 

トリプトファンだけでセロトニンはできません。トリプトファンとビタミンB6が合わさってセロトニンが合成されます。青汁にはこのビタミンB6が含まれている商品もあります。ストレスが原因の蕁麻疹を予防したい方には、トリプトファンとビタミンB6が両方含まれている青汁を選ぶことができます。

 

ストレス性蕁麻疹におすすめの青汁

ユーグレナの緑汁

ユーグレナの緑汁

石垣産のユーグレナつまりミドリムシを原料にした青汁というより緑汁です。ミドリムシは肉・魚・野菜の栄養をひとまとめにしたといわれるくらい豊富な種類の栄養を誇っている素材です。

 

もちろんトリプトファン、ビタミンB6も、この緑汁の栄養に含まれています。1週間分(7包入り)が「通常1,529円→→500円(税込)」で試せるキャンペーン中です。

通常

定期

内容量

4,536円

送料500円

4,082円

送料無料

108.5g

3.5g×31包

 

レビューはこちら公式サイトはこちら

 

ストレス性蕁麻疹におすすめの青汁の飲み方

 

セロトニンを増やすのがカギですが、青汁以外にもトリプトファンが多く含まれる食品があります。例えば豆乳です。豆乳は100g中53mgのトリプトファンが入っています。青汁粉末を豆乳で割れば、効率良くトリプトファンが補給できます。

 

さらに、バナナもおすすめです。バナナ自体は100g中10mg程度のトリプトファンですが、ビタミンB6もたくさん含まれているので、セロトニンの増加には効果的な食品です。乳製品に対するアレルギーがないなら、ヨーグルトにバナナと粉末青汁をミックスして食べることができます。

蕁麻疹予防のために青汁を飲むときの注意点

自分にとってアレルゲンとなる食品や材料が青汁に含まれている場合があります。蕁麻疹対策で青汁を選ぶ際には、パッケージなどの原材料表示をしっかり確認しましょう。乳製品にアレルギーがあるならば、牛乳で青汁を割って飲むことはおすすめできません。

 

アレルギー体質の方は無添加がおすすめ

 

人工で作られた添加物の中には、アレルギー反応を起こす物質が含まれている場合があります。今日は大丈夫でも、体調が悪い時や、ストレスが多い時に反応したり。そういった危険を回避するためにも、無添加のものを選びましょう。

青汁の栄養で蕁麻疹のかゆみを予防まとめ

 

アレルギー性の蕁麻疹は、腸内の環境の悪化、免疫システムの低下で引き起こされる場合があります。ですから青汁の食物繊維で腸内の環境を常に良い状態に維持しましょう。

 

ストレス性の蕁麻疹も、きちんとした生活習慣と毎日の青汁で予防できます。かゆい蕁麻疹を慢性化させないためにも、青汁で健康管理をしましょう。

 

関連記事:青汁にはアレルギー体質改善効果がある